小川山岡鉄舟会趣旨
  活動内容
「小川町と鉄舟のかかわり」について
【1】 山岡鉄舟について
【2】 割烹旅館二葉の名物「忠七めし」について
【3】 小川の書や幟旗について
  現在の鉄舟の取り上げられ方
  お問い合わせ
「小川町と鉄舟のかかわり」について
【1】山岡鉄舟について

山岡鉄舟は本名小野鉄太郎で、山岡家に養子にいきましたので山岡鉄太郎です。
小川町には小野家の知行地があり、140石位でした。総高約900石で、紹介には600石とありますが、埼玉県県史編纂の知行調べを見ますと900石になっています。当然鉄舟は小野家を相続しておりませんので、知行調べには名前は出て参りません。小野家の知行は埼玉県小川町をはじめ寄居町・茨城県鹿島市に渡っています。

さて、鉄舟の一生を振り返ってみましょう。
幕臣時代
天保7年(1836年)6月10日、江戸本所に御蔵奉行・小野朝右衛門高福の五男として生まれる。母は鹿島の塚原磯女。9歳より久須美閑適斎より神陰流剣術を学ぶ。弘化2年(1845年)、飛騨郡代となった父に従い、10歳から17歳までを飛騨高山で過ごす。弘法大師流入木道(じゅぼくどう)51世の岩佐一亭に書を学び、15歳で52世を受け継ぎ、一楽斎と号す。また、父が招いた井上清虎より北辰一刀流剣術を学ぶ。嘉永5年(1852年)、父の死に伴い江戸へ帰る。井上清虎の援助により安政2年(1855年)に講武所に入り、千葉周作らに剣術を学ぶ。また同時期、山岡静山に槍術を学ぶ。静山急死のあと、静山の実弟・謙三郎(高橋泥舟)らに望まれて山岡家の養子となり、静山の妹・英子(ふさこ)と結婚。身長六尺二寸(188センチ)、体重二十八貫(105キロ)と当時としては並外れた体格であった。
安政4年(1857年)、清河八郎ら15人と尊王攘夷を標榜する「虎尾の会」を結成。文久3年(1863年)、浪士組(新撰組の前身)取締役となり、将軍・徳川家茂の先供として上洛するが、間もなく清河の動きに警戒した幕府により浪士組は呼び戻され、これを引き連れ江戸に帰る。清河暗殺後は謹慎処分。浪士組は新徴組として再組織される。この頃、中西派一刀流の浅利義明(浅利又七郎)と試合をするが勝てず弟子入りする。

慶応4年(1868年)、精鋭隊歩兵頭格となる。3月7日に江戸を戦火から救うべく、徳川慶喜の命を受けて薩摩藩士益満休之助を伴い、決死の覚悟で3月9日官軍の駐留する駿府(現在の静岡市)にたどり着き、単身で西郷と談判。このとき、官軍が警備する中を「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大音声で堂々と歩いていったという。 西郷との談判において江戸無血開城の基本条件について合意を取り付けることに成功。その行動力は、西郷をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。3月13日・14日の勝海舟と西郷隆盛の江戸城開城の最終会談にも立ち会った。ちなみに江戸総攻撃の日は3月15日であった。5月、若年寄格幹事となる。


明治維新後

明治維新後は、徳川家達に従い、静岡県に下る。静岡藩権大参事(副知事)となり、清水次郎長と意気投合、「精神満腹」を揮毫して与えた。お茶の開墾にも力を注ぎ、茶処静岡の基礎を作った。明治4年(1871年)、廃藩置県に伴い新政府に出仕。茨城県参事、伊万里県権令を歴任した。西郷のたっての依頼により、明治5年(1872年)に宮中に出仕し、10年間の約束で侍従として明治天皇に仕える。侍従時代、深酒をして相撲をとろうとかかってきた明治天皇をやり過ごして諫言したり、明治6年(1873年)に皇居仮宮殿が炎上した際、淀橋の自宅からいち早く駆けつけたなど、剛直なエピソードが知られている。宮内大丞、宮内少輔を歴任した。明治15年(1882年)、西郷との約束通り致仕。明治20年(1887年)5月24日、功績により子爵に任ぜられる。

剣・禅・書の達人として知られる。明治維新後も剣術の修行は続けており、明治13年3月30日大悟の後、浅利義明より一刀流の免許皆伝を許され、一刀正伝無刀流(無刀流)を開いた。現在は第七世が継いでおられる。

独特の書風を確立し、人からの依頼が多く、また書を以て各地の廃寺を再興したりで、全国で鉄舟の書を見ることができる。一説には生涯に100万枚書したとも言われている。 写経は欠かさず、死の前日まで行っていた。

また禅は13歳のころより志す。参禅は、埼玉県芝村(川口市)長徳寺・願翁、静岡県三島の龍沢寺 星定和尚、京都相国寺・独園、同天龍寺・滴水、鎌倉円覚寺・洪川の五和尚に参じ、明治13年3月30日大悟し、天龍寺・滴水和尚の印可を受ける。禅の弟子に三遊亭円朝らがいる。明治16年(1883年)、維新に殉じた人々の菩提を弔うため東京都台東区谷中に普門山全生庵を建立した。明治21年(1888年)7月19日9時15分、皇居に向かって結跏趺坐のまま絶命。死因は胃癌であった。享年53歳。全生庵に眠る。戒名「全生庵殿鉄舟高歩大居士」。全生庵には、鉄舟の書をはじめ牡丹灯籠などの怪談落語を確立した三遊亭円朝が収集した幽霊画が所蔵され、一般に公開されている。

ところで、いつも疑問に思いますのは、鉄舟関係の本の中で小川町がほとんど取り上げられていないと言うことです。今まで著者の方に情報が届いていなかったので致し方ないと思いますが、不思議なことです。
 さて、鉄舟がいつ頃小川町に来ていたかは定かではありませんが、鉄舟のひ孫で先年亡くなりました小川町在住成川勇治氏の話を元に推測いたしました。

1. 成川勇治氏の父は成川武男と言いまして山岡直記の子供でしたが、故ありまして2歳の時(明治27年生まれ)小川町の鉄舟の知行地の名主成川家の長男成川忠治郎が東京から連れてきました。

成川武男は山岡姓でなく成川姓で成人し結婚しました。その長男として生まれたのが成川勇治氏です。勇治さんは義理のおじいさんの忠治郎さんから鉄舟のことよく聞いていたそうです。子供の頃で、正確ではないと思いますが。

2. 鉄舟は22〜24歳頃から小川によくきていたそうです。書道用の和紙を求めたのか(小川は和紙の産地です)。食料調達か。鉄舟が30歳位の時に、忠治郎が16歳で鉄舟に弟子入りしたそうです。当然弟子に食べさす米などないので、よく小川から米を運んだそうです。

3. それから清川八郎が暗殺された頃、鉄舟もクローズアップされたので、刺客に狙われていたそうで、その時小川に身を隠していたとも言われています。たぶん知られていない土地だったのでしょうか。

4. 鉄舟は忠治郎にお前のふるさとは良いところだ、一緒に行きたいものだとよく言っていたそうです。それが実現したのが、明治元年です。彰義隊と新撰組の残党が埼玉県の飯能市に結集し政府軍と激しい戦いがあり、「振武軍」500人・官軍3000人でした。この戦いを飯能戦争と言います。最後には鉄舟がおさめにきたようでした。  

そこで後年商人で大成功します平沼専造に会います。本によると専造とはもっと後に会うことになりますが。専造はここで木材を運ぶ「木流し人足の元締め」をしていました。そしてその時忠治郎と共に小川に入りしたそうです。

5. 鉄舟の長男である直記も度々小川町を訪れていたようです。直記の書なども残っておりますが、目立った話は残っておりません。